青森の食と旅とこころ

イルカ好き必見!青森浅虫水族館のイルカショーが見逃せない!

投稿日:2017年5月4日 更新日:

 

こんにちは。青森に住んでいた経験のあるライターhira-nobitaです♪

 

私は水族館が大好き!!大型の水族館はもちろん、地域密着型の小規模な水族館もいいですよ。

珍しい魚を見つけると、大人だって知欲を刺激されてわくわくします♪

そんな水族館大好きな私がご紹介したい水族館のひとつに、「浅虫水族館」があります。青森県営の、本州最北端の水族館です。

陸奥湾に面した浅虫温泉からほど近く、青森市内からもそれほど遠くないので、旅行先としてもおすすめの場所にあります。

 

この水族館を、福島生まれの私は青森(夫の実家)に行くまで知らなかったのですが、あんな素敵なイルカショーが見られるなんて思っていませんでした!!

そこで今回は、私が今まで見たイルカショーの中で最高だった、青森の「浅虫水族館」をご紹介します!!

スポンサーリンク

 

イルカショーを見逃さないで!

 

浅虫水族館は、決して巨大な施設ではありません。しかし、退館時には非常に大きい満足感が得られ、また来たいと思えるような、魅力的な水族館です。

その理由のひとつが、イルカがとっても印象的なこと!!

まず、「イルカショー」。

1回20分くらいなのですが、平日は4回、土日祝は5回も開催されます。GWや夏休み・年末年始は特別タイムでもっと多くショーが見られます。

 

とにかく、その内容が素晴らしい!!

 

バンドウイルカとカマイルカ(白と黒のツートンカラー)がそれぞれの特長を活かしたパフォーマンスやジャンプを披露してくれますが、それだけではないんです!

私がおすすめなのは、飼育員さんの解説付きで、イルカたちがお腹や背中をしっかり観客に見せてくれながら、イルカの哺乳類たる所以や、イルカのおへそ・鼻の穴などを解説してくれるところ。

そして、イルカがボールを突き上げて観客席まで飛ばしてきたりと、客側の私たちも「参加できる」構成になっているところです♪

また、「イルカプール」が大き過ぎず程良い大きさなので、イルカのハイ・ジャンプも間近で見られて迫力満点!!

ちなみに、演技のBGMが津軽三味線というのも、個人的にはツボにハマりましたね(笑)

 

 

お食事タイム=お勉強タイム!?

 

次に、「お食事タイム」について。

こちらも「イルカショー」同様、1回10~15分くらいで、1日数回「いるか館」と「海獣館」で開催されています。

他の水族館や動物園でも、餌やりの時間は見掛けるけど、生き物の生態についてここまで丁寧に説明してくれるところは、私は他に見たことがない!!

【いるか館】

1階と2階に渡って、水槽の横や上から、イルカたちが泳ぐ姿を見られるようになっています。餌やりを通して、イルカの歯やからだの不思議についても解説してくれます。

 

【海獣館】

アザラシ、ペンギンのお食事タイムもありました♪こちらも解説付き。しかも餌やりというより、ちょっとしたパフォーマンスショー!!

ジャンプしたり手を振ったり、水中でくるくる回転して泳ぐ姿も見せてくれました。

どちらも可愛らしくて楽しくて、あっという間のお食事タイムでした。子どもたちは釘づけ!!大人も勉強になりました~!!

まあ、実際のところは、「演技をしたら餌を与える」という仕組みの「お食事タイム」なのでしょうけど…ネ。

 

 

トンネル水槽やタッチコーナーも必見!

 

もう一つの目玉は、長さ15m奥行10m水深3.5mのアクリル製の大型トンネル水槽!!

トンネルはアーチ型で、海の中を散策しているような感覚になれる♪水槽内では、なんと!ほたてが養殖されている~!?その間を魚たちが泳ぎ回っているんです!

水族館のこんな展示の仕方、今まで見たことない…(笑)でも、実際の海の再現度で言えば、超リアルですよね!!

他にも、北国独特の冷たい海の魚など、珍しい生き物がたくさん見られますよ♪

 

そして、子ども連れには、タッチコーナーがおすすめ!!

 

ヒトデ、ヤドカリなどは他の施設でも触れたことはあるけど、私が驚いたのはウニやほたてにタッチできること!

普段美味しく食べている生き物を、ちゃんと見て触って知ることは、子どものためにもいい経験になりますよね♪

 

 

最後に、アクセス情報を。

 

【浅虫水族館へのアクセスはこちら】

 

 

電車なら、青森駅から「青い森鉄道」に乗りかえて約30分で浅虫温泉駅に到着、そこから徒歩10分です。

車の場合には、青森東ICから国道4号経由で15分くらい。また、新青森駅や青森駅からは、浅虫温泉駅までバスもありますが、1時間くらいかかりますので、電車や車がおすすめです。

ついでに浅虫温泉にも立ち寄るか、せっかくなら宿泊してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

「浅虫水族館」のおすすめポイントをまとめました。

 

  1. まず見るべきはイルカ!参加型のイルカショーを楽しむ
  2. お食事タイムでイルカやペンギン、アザラシの生態を学べる
  3. アーチが型の大型トンネル水槽で、津軽の海を体感できる
  4. タッチコーナーで、生き物に触れ合う。ほたてを触ろう!
  5. 電車と車のアクセスが良く、浅虫温泉にも立ち寄れる

 

東北で本格的なイルカのショーが見られるのは、「浅虫水族館」と「仙台うみの杜水族館」の2か所だけです。

そしてさらに県営で、独自にイルカショーを展開し続けてきたのは、青森の「浅虫水族館」だけ!!

ぜひ皆さんも、浅虫のイルカたちに会いに行ってみて下さい♪

当ブログの管理人 ”東北の達人!ケロスケ” はこんな人!?
⇒ 詳しいプロフィール
⇒ このブログについて


この記事がお役に立ちましたら ”いいね!” をお願いいたします。




スポンサーリンク

-青森の食と旅とこころ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

津軽観光もし一度行くなら、ここは絶対外せない観光スポット4つ

  津軽出身のライター。あべのびです♪   津軽といえば、りんご畑や津軽海峡冬景色のざぱーんとした大波を想像する方が多いかもしれませんが、一言で津軽といっても、さまざまな表情を見せ …

下北半島観光の達人がおすすめ!4つのテーマであなたのわがままに応えます!

  夫の実家が青森で、いつの間にか青森探索の達人になったライターのmegdigです♪   下北半島って、すっごく遠いしついでで行ける所でもないし、正直に言ってどこからも行きやすい場 …

下北半島に行くならまずはココ!観光おすすめスポット5選

  夫の実家が青森で、いつの間にか青森探索の達人になったライターのmegdigです♪   本州最北の土地、下北半島。 聞いた事はあっても、なかなか行く機会ってありませんよね。 しか …

週末に青森まで行ってみない?観光モデルコースおすすめ3選

  「青森に一人で旅行に行こうと思っています。弘前城や斜陽館と奥入瀬や十和田湖に行きたいのですが、一泊二日で回ることは可能ですか?」   「青森を旅行したいのですが、車の免許を持っ …

青森の観光地を巡ろう!モデルコースで楽々旅行を♪

  きーたん こんにちは、秋田出身の田舎物書き、きーたんです。   東北旅行といえば、夏はお祭り、冬も冷えの中でも温まるイベントが満載です。 今回は青森県での旅行を考えている人に向 …

はじめまして!当ブログの管理人、東北在住40年、きっすいの東北人ケロスケです。


妻とギターとロードバイクを愛する東北在住のアラフォー・ナイスミドル。

未だ癒えない震災の傷あと。ブログを通し、ふるさと東北復興の一助となりたい!

そんな思いから、このブログを立ち上げました。

”食” 、 ”旅” 、そして ”ココロ” をテーマに東北の ”今” を発信していきます。

合言葉は ”がんばっぺ東北!” 東北をパーっと盛り上げていきます!

◆運営者情報はこちら>>>

◆ブログをはじめたワケはこちら>>>

◆サイトコンセプトはこちら>>>