福島の食と旅とこころ

福島で日帰りの秘湯を満喫しよう♪地元の私がおすすめする温泉はコレ

投稿日:2017年3月6日 更新日:

 

「福島県で日帰り温泉のおすすめはどこでしょうか?」

「福島の秘湯を探しています。詳しい方おすすめを教えてください。」

 

こんにちは。福島出身で東北の温泉散策が趣味の、ライターhira-nobitaです♪

 

あ~、最近疲れ気味…。でも大型連休はまだまだ先だし…。

そんな時は、日帰りで秘湯を満喫!ストレスから解放されましょう!!

でも、福島県には数多くの温泉地や秘湯がありますよね。

どの温泉に行けばいいのか、県民も選ぶのは難しいものです。

そんなあなたに、今回は私が実際に行ったことのあるおすすめの温泉の中から、絶対にはずさないおすすめの秘湯3つご紹介します!

ケロスケ
hira-nobitaさん、福島の日帰りで行ける秘湯についてのレポートよろしくお願いします。

それではさっそくですが、おすすめの温泉の紹介をお願いします。

スポンサーリンク

 

秘湯No.1 旅館玉子湯 ~まるで日本昔話の世界~

 

あなたは、茅葺(かやぶ)き屋根の温泉に入ったことありますか?

この温泉に私が魅了されたのは、何といっても、そのロケーション!

 

「湯小屋」と呼ばれる茅葺き屋根の建物が並んでいて、まるで日本昔話の世界に入り込んだかのようです。

 

敷地内(旅館の中庭なのかな?)には、湯小屋ごとに違うお風呂があります。

お湯からあがったら着替えて、田舎の風景を眺めながら中庭でひとやすみしたら、さあ次の湯小屋へ。

着替えるのは面倒だけど日帰りでも3つの温泉小屋に入れるなんて、お得な感じがしませんか?

 

ところで、「玉子湯」の名前の由来は、温泉に入ると肌が玉子のように滑らかになることと、臭(におい)がゆで玉子に似ていることからなのだそうです。

 

青みを帯びた白濁のお湯で、本当にお肌ツルツルになって、若返った気がする!!

さらに、ここは宿泊もおすすめです!

夜は部屋から見える湯小屋がライトアップされて、いい雰囲気でしたよ~♪

 

この動画が高湯温泉の良さを伝えるのにピッタリだと思いました。

全部で4分半の動画ですが、見所は1分50秒辺りから始まる夜の温泉の風景です。情緒があり、まるで温泉につかっているような気分にさせてくれます。

 

ケロスケ
旅館玉子湯は秘湯感たっぷりですね。僕もこんど福島に行ったときに入って来たいと思います。

つづいての日帰り秘湯の紹介をお願いします。

 

 

秘湯No.2 リゾート・インぼなり ~渓流沿いの爽やかな自然~

 

たまには子ども連れや友人同士など、みんなで楽しめる温泉はいかがですか?

ここは猪苗代湖や五色沼・スキー場など、自然遊びには最適な場所にあるんです。私も遊んだ帰りに立ち寄ることが多いかも。

昨夏も、実家に帰省した際に、母と姉と私の3人で行ってきました。

 

内湯と洗い場のスペースはガラス張りで、2階の高さにあります。

だから外の景色を見ると、空中に浮いているみたいでとっても不思議。

露天温泉は階段を降りて行くと…緑に囲まれた大自然の中にあります!

 

この解放感がたまらない~!!

 

しかも渓流沿いなので、川の音を聞きながらの温泉♪癒されます…。

透明なお湯ですが、しっかりと温泉のにおいが。美肌の湯です。

熱湯とぬる湯があって、ぬる湯で2時間くらい出たり入ったりしちゃいました。

高原にあるので夏でも湯上がり爽快で、帰りのドライブも気持ちよかったです。

 

さわやかさなら、ここがナンバーワン!!

猪苗代町中の沢温泉 磐梯高原リゾート・インぼなり

ケロスケ
この温泉も先ほどのモノと負けず劣らず、秘湯感たっぷりの佇(たたず)まいですね。この湯に浸かったら、疲れなんか一発で吹っ飛びそうですよ。

さぁ次ぎが、いよいよ最後!!これを見ないと損しちゃいますよ~。

それでは福島日帰り秘湯!真打ちの紹介をお願いします。

 

 

秘湯No.3 野地温泉ホテル ~忘れられない感動の秘湯~

 

最後に真打ち登場です!文句なく素晴らしい温泉です!!

土湯峠にあるその温泉へは、雪見風呂を目指し、家族と車で行きました。

雪道を何度もスリップしそうになったけど、なんとか到着(笑)。山道は油断できませんね。

 

ちなみにバスで来たお客さんもいました。福島駅西口より送迎がありますよ。

 

入浴前、母から私に、「種類が多いから計画的にまわらないと完全制覇できないよ」って…、どういうこと?

実はここ、男女専用風呂のほかに入れ替え制の3つのお風呂があります。

そしてなんと、3時間ごとに入れ替わるんです。

 

 

なんと!時刻表までありました。これにはビックリ!!

 

一般的に、男女入れ替え制の場合、宿泊しないと全部のお風呂に入れません。

だけど、これなら日帰りでも完全制覇の可能性があります。

温泉好きにはありがたいシステムですね!

「せっかくなら全種類に入るぞ!」と意気込み、いざ入浴です。

 

ヒノキ造りだったり、源泉が見えたり、温度が違ったり、内湯から外湯までつながった浴槽だったり、それぞれ特徴的です。

お湯は無色透明の源泉ですが、空気に触れて、乳白色や緑がかった白濁色に変わります。本当に素晴らしかった~!

 

中でも私が魅了されたのは、広さと解放感が素晴らしい「鬼面の湯」。

これまで行った露天風呂の中でも最上ランクです!!

 

後日、宿泊もしましたが、建物の古さやお料理などはいまいちでした(笑)。

けど、日帰りで秘湯に行きたい人には、間違いなくおすすめですよ!

ケロスケ
hira-nobitaさん、福島の日帰りで行ける秘湯について、詳しいレポートありがとうございました。

最後に、内容の振り返りと、「まとめ」をお願いします。

 

まとめ

 

私にとって日帰り温泉は、少ない時間で小旅行気分が楽しめる、最高のリフレッシュ法です!

今回の3つの温泉は、

  1. 秘湯らしさを満喫できる
  2. 女性や子ども連れでも安心できる清潔感
  3. 宿泊も出来るので遠方から来る方にもおすすめ

という点に配慮して選びました。

こちらの参考記事もどうぞ!

 

本当はもっと多くの温泉をご紹介したいのですが…キリがありません(笑)

みなさんにも、自分好みの温泉がみつかりますように!

福島で温泉に行く機会がある方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

ケロスケ
震災からの復興と発展。そして何よりも、記事を楽しみにしてくれている読者さんのために、僕はこれからも東北についての情報を発信していきます。

これからも東北への応援よろしくおねがいします。

 

また今回紹介しきれなかった、福島の秘湯の関連情報や、福島の観光とグルメに関する話題は、こちらの福島の食と旅とこころからもご覧いただけます。

あわせて読んでいただけましたら幸いです。

 

当ブログの管理人 ”東北の達人!ケロスケ” はこんな人!?
⇒ 詳しいプロフィール
⇒ このブログについて


この記事がお役に立ちましたら ”いいね!” をお願いいたします。




スポンサーリンク

-福島の食と旅とこころ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福島県いわき市でローコストな遊びを!三崎公園のわんぱく広場へGo

  「いわきで遊ぶところを探しています。子どもやペットと屋外で、楽しくのびのび遊びたい!」 「いわき周辺で遊びたい!けど、遊園地みたいに毎回お金がかかるようなところはパスで、おすすめの所を教 …

花見山駐車場の混雑具合やアクセスは!早朝に出ないと止められない?

  花見山公園は福島の名勝で、日本を代表する写真家の秋山章太郎氏が、生前「福島に桃源郷ある」と言う名言を残して毎年訪れていたほどのお花見スポットです。 かく言う僕たち夫婦も、ここ花見山の素晴 …

会津の苗字は珍しい?そのバリエーションが豊かな由来とは!?

  「福島の会津地方の苗字の発祥について教えてください!」 「苗字についての質問です。会津地方の変わった苗字について知りたいです。」   hira-nobita 福島出身で福島を誰 …

東北屈指の城下町!会津若松について歴史を紐解いてみました

  お城や城下町の旅行は、人それぞれの興味によって楽しみ方が変わりますよね。 街並みを歩いて食べ歩いたり、お城の天守閣に登って眺望を楽しんだり、楽しみ方は十人十色です。 でも、お城や城下町が …

まだあるご当地餃子! 福島の円盤餃子はいくらでも食べられて美味しい

  こんにちは。いつも無計画で「行き当たりばったり旅愛好家のmegdigです」。   餃子って言ったら、宇都宮餃子、浜松餃子はスンナリ出てきますが3つ目はなかなか出てきませんね。 …

はじめまして!当ブログの管理人、東北在住40年、きっすいの東北人ケロスケです。


妻とギターとロードバイクを愛する東北在住のアラフォー・ナイスミドル。

未だ癒えない震災の傷あと。ブログを通し、ふるさと東北復興の一助となりたい!

そんな思いから、このブログを立ち上げました。

”食” 、 ”旅” 、そして ”ココロ” をテーマに東北の ”今” を発信していきます。

合言葉は ”がんばっぺ東北!” 東北をパーっと盛り上げていきます!

◆運営者情報はこちら>>>

◆ブログをはじめたワケはこちら>>>

◆サイトコンセプトはこちら>>>