宮城の食と旅とこころ

どんと祭2017!仙台市泉区にある加茂神社の混み具合は?

投稿日:2017年3月26日 更新日:

 

「賀茂神社のどんと祭に行きたいんだけど、やっぱり混むかしら?駐車場ってどうなっているの?」

「今年初めて賀茂神社のどんと祭に参加するのですが、会場の様子など詳しい人がいたら教えてください!」

 

仙台生まれ仙台在住。仙台のことなら大体知っている、自称!仙台の達人ことケロスケです♪

 

親戚一同が集まって ”ワイワイ、ガヤガヤ” にぎやかで楽しいお正月がおわりました。

 

にぎやかな休みが終わり、またいつもの日常へ、気だるい体を引きづり仕事を再開されている方も多いかと思います?

「あ~、今日からまた仕事だなぁ」

「何か楽しいイベントないかなぁ」

そんな声が聞こえてきそうです(*∩ω∩)

 

冬休みが終わっても、1月には、もう一つイベントがあります。

そう、 ”どんと祭” です。

我が家では、一昨年前から仙台の泉区にある ”加茂神社” に行っています。

 

ちなみに、今年の賀茂神社どんと祭は、2017年1月14日(土)の10時~24時までです。

 

ケロスケ
今回は、この仙台泉区にある賀茂神社の ”どんと祭” について、

  • 混み具合
  • 駐車場
  • 会場の様子
  • お焚き上げで燃やせる・燃やせないモノ

など詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

どんと祭!仙台泉区「加茂神社」の混み具合とアクセス

 

仙台市の泉区にある賀茂神社ですが、僕は富谷方面から国道4号線を通って行きます。

一昨年は20時台を狙って来ましたが、すでに駐車場が混みあっていて、駐車待ちで1時間ぐらい待たされました。

 

その反省から、今年は少し早めの19時台を狙って家を出ることに、そのおかげか?

 

 

一昨年あんなに混みあったいた駐車場も、今年はそれほど混んでおらず、ぼとんど待たずに駐車することが出来ました。

早めの時間に来るのが良さそうですね。

 

ケロスケ
賀茂神社へのアクセスは次の通りです。

 

 

【賀茂神社】

住所  :宮城県仙台市泉区古内字糺1

電話番号: 022-378-7072

アクセス

1. 市営バス乙女駅発 加茂団地・長命ケ丘行き 賀茂神社前バス停下車

2. 宮城交通加茂団地・長命ケ丘行き 賀茂神社バス停下車

 

 

次に臨時駐車場の場所ですが、どんと祭の日は、

  • ブックオフ
  • ヨークベニマル
  • ツタヤ
  • ツルハドラッグ

などの賀茂神社付近の店舗駐車場を ”臨時駐車場” として設けてくれています。

 

 

 

 

ケロスケ
国道4号線を富谷方面から来た場合、ここ以外に駐車場はありませんので注意が必要です。

 

Check✓

詳しい臨時駐車場はこちらからご覧いただけます。

新年・どんと祭 賀茂神社臨時駐車場のご案内

 

 

 

駐車場から ”どんと祭” 会場までのアクセス

 

駐車場から会場までの距離は、およそ1km弱。徒歩15分ぐらいといった距離です。

交通誘導員の方の指示にしたがい、人の流れにそってあるくと間もなく目印の看板が見えてきます。

 

 

 

ケロスケ
この看板が見えたら左の小道に曲がります。

すると、間もなく会場が見えてきます。

 

時間にして約15分。ひたすら会場を目指して歩きます。

 

かなり寒いので、当日はしっかり防寒するようにしましょう。

また、途中何箇所か滑りやすいところもあったので、なるべく滑りにくい靴をオススメします。

 

 

 

 ”どんと祭” 会場の様子

 

ケロスケ
会場には、たくさん露店が軒(のき)を連ね、お焚き上げの火の近くには多くの人だかりが出来ていました。

 

 

 

ケロスケ
神社に参拝する人にも長蛇の列ができています。

 

 

ケロスケ
お焚き上げの山は、すごい火力の勢いです。

この時の気温は氷点下7℃ぐらいでしたが、火の周りはかなり熱くなります

 

 

ケロスケ
火から離れれば寒く近寄れば熱いので、みんなこれぐらいの距離をとって暖をとっていますね。

 

 

ケロスケ
我が家も持ってきたお守りの袋を投げ入れます。

 

 

ところで、このお焚き上げで、

  • 燃やしても良いもの
  • 燃やしてはダメなもの

基準って、なんなのでしょうか?

 

まとめてみました。

 

 

 

 “どんと祭” で燃やして良いものダメなもの

 

ケロスケ
まずはお焚き上げで燃やしても良いモノです。

 

良いもの

  • お守り
  • お札
  • 鏡餅
  • 書き染め
  • 掛け軸
  • 門松
  • 神棚飾り
  • しめ縄
  • だるま
  • 破魔矢

など、神様に捧げる・捧げたモノで、一般ゴミで処分するのが適当でないモノをお焚き上げで燃やします。

 

 

ケロスケ
お守り・お札のように頂いた神社に返納できるものや、各どんと会場によっても燃やせるモノのルールが若干異なる場合があります。

判断に迷う場合は、事前に神社にお問い合わせください。

 

ケロスケ
つづいて、お焚き上げで燃やしてはダメなものです。

 

ダメなもの

  • 一般ゴミで処分するのが適当と思われるモノ
  • 神様に関係しないと思われるモノ
  • 有毒ガスを出すモノおよび危険物

など、お焚き上げで燃やすのに適当でないモノは一般のゴミの区分に従って処分します。

 

ケロスケ
一般ゴミで処分する場合でも、気がとがめるモノについては、出す前に ”半紙” や、 ”新聞紙” に包み、清めの塩をかけ、感謝の気持ちとともに送り出してあげます。

そうすることで、心理的な抵抗もずっと少なくなりますよ。

 

 

 

まとめ

 

  • 込み合うので19時より前に会場に着くよう移動する
  • ヨークタウン、ツタヤなどがある場所が臨時駐車場になる

賀茂神社は、時間帯によってかなり混むときと、そうでない場合があります。

 

早めに出かけると、比較的空いています。

例年かなり寒いので、しっかり防寒をして風邪をひかないようにしましょうね(✿╹◡╹)ノ

どんと祭は、 ”無病息災” を祈願する場所ですから、行って風邪をひいてきたのでは本末転倒です。

 

また、お焚き上げでは、

  • 燃やせるモノ
  • 燃やせないモノ

を把握してマナーを守り、今年一年、しっかり神様に守っていただけるような行動をとりたいいものですね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

今回、紹介しきれなかった仙台泉区の関連情報や、宮城の観光とグルメに関する話題は、こちらの▷▷宮城のおすすめ観光とグルメについて50人の口コミを集めてみた!からもご覧いただけます。

あわせてご覧いただければ幸いです。

 

ケロスケ
震災からの復興と発展。そして何よりも、記事を楽しみにしてくれている読者さんのために、僕はこれからも東北についての情報を発信していきます。

東北への応援よろしくおねがいします。

 

 

こちらの関連記事もどうぞ!

 

 

当ブログの管理人 ”東北の達人!ケロスケ” はこんな人!?
⇒ 詳しいプロフィール
⇒ このブログについて


この記事がお役に立ちましたら ”いいね!” をお願いいたします。




スポンサーリンク

-宮城の食と旅とこころ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供と楽しむ仙台観光!ワクワクめいっぱい楽しめるスポット20選!

  ママ 今度のお休みは仙台に遊びに出かけてみない? パパ いいね。久しぶりに仙台を観光してみるか。みんなドコに行きたい? 男の子 僕は外で思いっきり遊びたい! 女の子 私は屋内で静かなとこ …

紅葉の名所「鳴子峡」の見頃はいつ?今年の秋は鳴子峡で感動する!

  「鳴子峡の紅葉を撮影に行こうと思います。見頃について詳しい方教えてください。」 「鳴子峡に紅葉を見に行こうと思うのですが、11月ではピークを過ぎていますか?」   東北大好き! …

宮城の観光地の穴場はここ!宮城のプロがこっそり教えるスポット5選

  こんにちは!岩手生まれの仙台育ち。生粋の東北人のmycaです♪   突然ですが、「宮城の観光名所」と言われて思いつく場所はどこでしょうか? 松島・蔵王・青葉城・楽天の本拠地…。 …

仙台の駅前でお得なホテルって?おすすめランキングをご紹介!

  「新幹線で仙台に行くので、なるべく駅前のホテルに泊まりたい!いいホテルないかな?(・・?)」   「仙台市内を観光する予定だけど、ホテルはどこがおすすめ?できれば安いほうがいい …

仙台観光夜の楽しみ!穴場スポット全10選をここにお披露目!!

  「仙台への観光は決まっていますが、夜に楽しめる場所はありますか?」 「観光の総まとめで夜に美味しい食事やお酒が楽しめる場所を教えて下さい」   TOKU ライターのTOKUです …

はじめまして!当ブログの管理人、東北在住40年、きっすいの東北人ケロスケです。


妻とギターとロードバイクを愛する東北在住のアラフォー・ナイスミドル。

未だ癒えない震災の傷あと。ブログを通し、ふるさと東北復興の一助となりたい!

そんな思いから、このブログを立ち上げました。

”食” 、 ”旅” 、そして ”ココロ” をテーマに東北の ”今” を発信していきます。

合言葉は ”がんばっぺ東北!” 東北をパーっと盛り上げていきます!

◆運営者情報はこちら>>>

◆ブログをはじめたワケはこちら>>>

◆サイトコンセプトはこちら>>>