福島の食と旅とこころ

会津の冬を遊ぶ!子供と一緒に楽しめる地元民おすすめの観光スポット

投稿日:2017年3月26日 更新日:

 

「観光で福島に行きます。会津若松に泊まるのですが、子供を連れて楽しめるところを探しています。」

「子供と冬休みに会津旅行に行きたいと思っています。この時期は、雪がすごそうですが遊べる場所はありますか?」

 

こんにちは。福島出身で東北散策が趣味の、ライターhira-nobitaです♪

 

雪国会津の冬は、地元の人々にとって、雪との戦いの日々。

でも会津っ子は、そんな冬を、上手に楽しむ方法を知っています。

 

さあ!冬だからこそ、会津にいらっしゃい♪

  • アクティブ派
  • のんびり派
  • しっとり派

に分けて、実際に行って良かった観光スポットの「冬の楽しみ方」を、会津で生まれ育った私が紹介していきます!!

スポンサーリンク

 

 

ケロスケ
まず初めですが、アクティブさんには、こんな冬の遊びがおすすめですね。

 

1. 会津の冬を遊ぶ!

   ~アクティブ派はスキー場で遊びつくす!~

 

会津はスキー場の宝庫!数ある施設の中でも私のおすすめは、南東北最大級のスケールを誇る「星野リゾート・アルツ磐梯」です。

「アルツ磐梯」が開業したのは、私が小学生の頃。何度か行きましたが、圧巻の広さとコースの豊富さで、スキーやスノーボードをする人には、まさに天国!

その後、2003年から「星野リゾート」となり、さらに充実度アップ!

 

さて、この施設で特徴的なのは、託児室があること!!(要予約)

 

利用すれば、パパもママも安心してゲレンデに出ることが出来ます。お子様連れ専用のファミリーフロアもあるので、遠慮なく過ごせますね。

「キッズスキーレッスン」も大人気で、いつ行っても賑わっていますよ。

 

また、スキーやスノーボードをしない人でも、雪上トレッキングや、頻繁に開催されるイベントなど、様々なアクティビティもあり、楽しめること間違いなし!

ただし、リゾートですから各種料金がかかります。

 

楽しみ過ぎて予算オーバー!!・・・には、お気をつけて。

 

ケロスケ
つづいて、のんびりさんにはこんな過ごし方がおすすめです。

 

 

 

2. 会津冬の観光

   ~冬の猪苗代湖周辺で、ゆるり~

 

hira-nobita
冬の会津観光を「のんびり満喫したい!」という方におすすめなのが、猪苗代(いなわしろ)湖周辺です。

今回は、会津猪苗代でおすすめの3つのスポットを紹介しますね。

 

 

 

1. 猪苗代湖

 

猪苗代湖は、郡山と会津を結ぶ国道沿いにあり、東北随一の大きさです!

ここは県内有数の白鳥飛来地。暖冬でなければ、3月いっぱいは見られます。

 

子どもやカップルには、観光遊覧船「かめ丸」「はくちょう丸」がおすすめ!冬も運行しています(臨時休業あり)。

 

磐梯山と白鳥を一緒に見られるスポットもあり、撮影にピッタリです!(大人1100円・子ども550円)

ちなみに夏場は、海のない会津の人たちは、ここで「湖水浴」をします。

 

夏も冬も、会津人は一年中、猪苗代湖で遊んでいるってことですね(笑)。

ケロスケ
ここ猪苗代湖がある猪苗代町は、細菌学の研究で有名な野口英世の出身地でもあります。

 

 

 

2. 世界のガラス館 猪苗代店

 

ガラスとありますが、天然石やアクセサリーなど種類が豊富で、世界各国の珍しい製品が見られます。

実際にハンガリー人の職人さんがいて、仕事場が見学出来て楽しい♪

手作りグラス1080円から楽しめる、ガラス工芸体験もおすすめ!

私は以前、父の退職祝いに、名前を刻印してもらったグラスをプレゼントしましたよ。

 

敷地内には、「猪苗代地ビール館」も併設されています。昨年里帰りした際も、温泉の帰りに立ち寄り、ついつい地ビールをいただいちゃいました♪

 

 

 

3. 南が丘牧場

 

入場料・駐車場無料!年中無休の、レアな施設をご紹介します(臨時休業あり)。

看板もなく、「ほんとにここ?」と思うような険しい道を進んでいくとあります。

牧場内はとってもフレンドリーで素朴な感じ。

 

餌は100円のガチャガチャで購入し、300円の「ふれあい広場」で、やぎ・うさぎなどと戯れる。他の設備も小規模だけれど、ツボにはまると、これまた良い感じなの♪

 

ところで、「なぜ冬にわざわざ牧場」なのでしょう?

実はここ、「ガーンジィ牛」という、日本では200頭しか飼育されていない、非常に珍しい牛のミルクが名物なのです!!

売店には、ガーンジィミルク製品などが並べられ、試食も出来ます。

 

ミルクジャムが美味しい♪牛乳は冬が一番、甘くなるそうです!

 

 

また冬は、

  • クロカンスキー
  • そりの貸し出し
  • バナナボート
  • スノーモービル(要予約)

もやっています。

 

ケロスケ
最後は、しっとりさんにおすすめの観光スポットです。

 

 

 

会津地元民おすすめの観光スポット

   ~しっとり派は、会津へGo!やっぱり、歴史でしょ。~

 

会津は近県からの修学旅行地としても有名です。旅先で歴史を学ぶのも、貴重な体験になりますよ。

  • 会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」。築城から630年ほどの、戊辰戦争でも有名な名城です。天守閣からは市内が一望!雪景色の美城は一見の価値ありです。
  • 白虎隊の歴史が学べる「飯盛山」。ここには、一方通行で上って降りる(?)国の重要文化財「さざえ堂」があります。私は昨年初体験!不思議な造りで、子どもは面白いと思いますよ。
  • 子ども連れなら、享和3(1803)年完成の「会津藩校日新館」も◎。当時の教育を学び、そして体験が出来ます。私がやったのは「起上り小法師」の絵付け体験。祖母へのお土産にしました!

各施設、料金は400~600円前後とリーズナブルです♪

 

最後におまけで。超有名な「大内宿」ですが、雪まつりのライトアップと花火は幻想的です。

hira-nobita
ぜひ、雪国会津の冬を味わいに行ってみてください!

 

 

ケロスケ
hira-nobitaさん、会津冬のおすすめ観光スポットについてのレポートありがとうございます。

最後にこれまでの内容の振り返りと、まとめをお願いします。

 

 

 

まとめ

 

ひと口に「冬の会津」といっても、その楽しみ方は無限大にあります。

今回は、

 

  • アクティブに♪雪遊び攻略派
  • のんびりゆったり♪お楽しみ観光派
  • しっとり知的に♪歴史情緒派

 

以上3パターンに分けて、それぞれのおすすめスポットをご紹介しました。

あくまで一例なので、まだまだ魅力的な所はたくさんありますよ!

皆さんにも、自分に合った「冬の会津」の楽しみ方、見つかるといいですね♪

 

 

今回紹介しきれなかった、冬の会津の関連情報や、福島の観光とグルメに関する話題は、こちらの福島の食と旅とこころからもご覧いただけます。

あわせて読んでいただけましたら幸いです。

ケロスケ
震災からの復興と発展。そして何よりも、記事を楽しみにしてくれている読者さんのために、僕はこれからも東北についての情報を発信していきます。

東北への応援よろしくおねがいします。

 

 

当ブログの管理人 ”東北の達人!ケロスケ” はこんな人!?
⇒ 詳しいプロフィール
⇒ このブログについて


この記事がお役に立ちましたら ”いいね!” をお願いいたします。




スポンサーリンク

-福島の食と旅とこころ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福島で日帰りの秘湯を満喫しよう♪地元の私がおすすめする温泉はコレ

  「福島県で日帰り温泉のおすすめはどこでしょうか?」 「福島の秘湯を探しています。詳しい方おすすめを教えてください。」   こんにちは。福島出身で東北の温泉散策が趣味の、ライター …

福島県いわき市でローコストな遊びを!三崎公園のわんぱく広場へGo

  「いわきで遊ぶところを探しています。子どもやペットと屋外で、楽しくのびのび遊びたい!」 「いわき周辺で遊びたい!けど、遊園地みたいに毎回お金がかかるようなところはパスで、おすすめの所を教 …

福島のおすすめグルメ!50人の口コミをランキング形式でご紹介!

  「定期的にグルメ旅をしていて、こんどは福島で美味しいものを探しています。おすすめのグルメスポットを教えて下さい。」 「福島の人の生の声をランキング形式で見てみたいし、実際の感想を教えてよ …

東北屈指の城下町!会津若松について歴史を紐解いてみました

  お城や城下町の旅行は、人それぞれの興味によって楽しみ方が変わりますよね。 街並みを歩いて食べ歩いたり、お城の天守閣に登って眺望を楽しんだり、楽しみ方は十人十色です。 でも、お城や城下町が …

東北の悲劇の城|二本松城と智恵子の故郷を観光する

  「二本松」と聞くと、毎年秋になると「今年も二本松で菊人形まつりが始まりました」というニュースを思い出します。 あとは、まだ少女の頃にどっぷりハマって読んで泣いた「智恵子抄」の世界。 地元 …

はじめまして!当ブログの管理人、東北在住40年、きっすいの東北人ケロスケです。


妻とギターとロードバイクを愛する東北在住のアラフォー・ナイスミドル。

未だ癒えない震災の傷あと。ブログを通し、ふるさと東北復興の一助となりたい!

そんな思いから、このブログを立ち上げました。

”食” 、 ”旅” 、そして ”ココロ” をテーマに東北の ”今” を発信していきます。

合言葉は ”がんばっぺ東北!” 東北をパーっと盛り上げていきます!

◆運営者情報はこちら>>>

◆ブログをはじめたワケはこちら>>>

◆サイトコンセプトはこちら>>>